普段の疲れから解放してくれる海外旅行。
行き先を決める段階からとても楽しいですよね。
リフレッシュ目的や感性を磨く為、自分探しなど、目的は様々ですが、私がおすすめしたい旅先はずばりロサンゼルスです。
ロサンゼルスは日本から約10時間離れた場所にあります。1年中気候も良く、フレンドリーな性格のアメリカ人の他に多国籍な人々が暮らしていることでも有名です。
ロサンゼルスといえば、なんと行ってもビーチ!
歩いても歩いてもどこまでも海が広がるまさにリゾート地です。ですが内陸に行けばアートが沢山あるダウンタウンや有名なハリウッドサインもあります。
観光するには車が必要ですが、街並みを見ながらゆっくりバスに乗って出かけるのもおすすめです。
またロサンゼルスの人々は健康志向が強く、至る所にジムがありスーパーに行けばグルテンフリーなどの健康食品が並んでいる為、日本人でも食に困らず野菜も美味しいです。もちろん、アメリカならではのハンバーガーショップもあちこちにあります!ですが意外と小さく感じる事もしばしば。
多国籍在中ですので、食文化もだんだんと変化しているのかも知れません。
観光、買い物の他に、西海岸のアクティビティといえばおすすめしたいのはサーフィンです。毎日ビーチ沿いではサーフィンの講習が行われています。
1人あたり150ドルほどでみっちり指導してもらい、最後は実際に波に乗って楽しむことができます。
英語が苦手な方でも、スポーツ系のアクティビティはジェスチャーでしっかりと伝えてくれます。
是非1度は体験して欲しいアクティビティです。
リフレッシュだけでなく沢山の刺激を貰えるロサンゼルスは皆さんにおすすめしたい旅先です。

コミュニケーションは英語

「海外旅行」をする際、困ることの一つに言語、言葉の壁があります。外国の人とコミュニケーションが難なくでき、上手く意思疎通できると海外旅行を数倍楽しむことができます。

外国へ行くと、まず思うことは外国の人はコミュケーションスキルが高く、言葉が通じなくても笑顔を浮かべて見ぶり手ぶりで、思っていることを伝えようとしてくれます

海外旅行で役立つ言語といえば英語ですが、海外旅行形態によっては、全く役に立たないこともあります。
それは、海外ツアーで行った場合と個人旅行で行った場合です。

ツアーの場合、周りが日本人ばかりで、言葉が通じないと言って困ることがほとんどありません。だから英語に自信がない人は添乗員付きの海外旅行ツアーに参加する方法が良いと思います。

英語に自信があり、現地の人と自由にコミュニケーションを取り、新しい発見などを体験したいという人は、海外旅行フリープラン、又は個人で飛行機チケットや宿泊先を予約する個人海外旅行が良いです。

英語が苦手な人も海外に行った限りは、全く英語を話さないわけにいかないので、シーン別に簡単な英会話の受け答えをマスターしておくと便利です。

海外旅行で日本に暮らしたことがある外国人に出会えるとラッキーです。彼らには日本語パターンの英語を理解してもらえるので、ある程度伝えたいことを伝えることができるからです。

しかし、全くのネイティヴには日本で習った英語話しても全然通じません。ですので、海外旅行へ行く予定がある人は、ネイティヴイングリッシュをある程度学習しておくと心強いです。