家族で初めてイタリア旅行をしました。ミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ローマ、カプリ島、ポンペイ遺跡などたくさんの人気の観光地へ行くことができとても楽しかったです。

この旅行で一番良かったのはカプリ島へ行き青の洞窟に入ることができたことです。モーターボートに乗り洞窟付近まで行き順番待ちをしました。もしかしたら洞窟付近へ行っても中止になるかもしれないとガイドさんに言われていたのでドキドキしていたのですが、無事に洞窟の中に入ることができてすごく嬉しかったですね。手漕ぎボートで洞窟に入る時には全員寝ながら入るのでちょっと怖かったです。洞窟に入っている時に船頭さんたちが素敵な歌を歌ってくれました。今まで見たことがない美しいブルーの海に大感動しました。青の洞窟に入ることができて本当に良かったです。帰りにオシャレなカプリウォッチを購入してしまいました。

映画で見たポンペイ遺跡に行きました。火山が噴火し逃げ遅れた人たちを再現した石膏の人型は、とてもリアルで怖かったです。ポンペイの映画を見てから行ったので複雑で悲しい気持ちになりました。歴史を感じました。同じくコロッセオにも感動しました。

ナポリで食べたピザがとても大きいんですよね。これが一人分なのかと驚きを隠せませんでした。一人では食べきれません。イタリアで食べた料理はどれも薄味でシンプルだなと思いました。水の都ベネチアやオシャレな街ミラノなど、どこに行っても楽しくて忘れらません。イタリアにはもう一度絶対に行きたいです。

家族でイギリス旅行、最終日に体調を崩しました

4年前、家族でイギリスへ旅行しました。
夫と当時3歳、5か月の子どもの4人での旅行です。3歳の子はグアムには行ったことはありましたが、5か月の子は初めての海外旅行でした。当時は成田から出発で約12時間、飛行機に乗るので不安はありました。ただ、旅行を申し込む際に、飛行機の座席をバシネットのある所で予約が出来ていたので、下の子は授乳して上手く寝かせれば大丈夫かぁと思っていました。
いざ、飛行機に乗ると、バシネットのある前の座席は足も伸ばせますし、トイレも近いですし、なんて良い座席なんだ!と感動しました。
下の子はバシネットでほぼ寝ていましたし、上の子も座席でアニメを見て、あっという間に到着しました。
イギリスへは7泊9日の日程で、毎日いろいろな場所へ観光しました。バッキンガム宮殿やセントポール大聖堂など、見所が沢山ありました。また買い物も楽しく、お菓子やら、雑貨やカバンなどイギリスのブランドのお店を周るのも楽しかったです。子供達の洋服もヨーロッパ調のかわいいものばかりであれこれと買ってしまいました。
すごく、楽しい旅行で締めくくるはずだったのですが、帰る日の夜中、寝ていた所、急に吐き気を催し、トイレへ。どうやら、何も考えずにレストランで食べた生ガキがあたってしまったらしく、何度も嘔吐してしまいました。夫は大丈夫だったのですが、私だけあたってしまった様です。(子供達は食べていませんでした。)
朝までには吐き気はおさまりましたが、お腹はゴロゴロしているし、フラフラで歩くのも辛い状態でした。ですが、帰らなくてはいけないので、タクシーに乗ってなんとか空港へ行きました。飛行機に乗るまではベンチでぐったりした状態で、飛行機に乗っても一人グロッキー状態でした。行きの飛行機と同様に、バシネットのある前の座席で座り心地は最高の場所だったのですが、とてもそんな気分を味わう事も出来ず、何とか日本へ帰国した感じです。
何故、外国で生ものを食べてしまったのだろうと反省をしました。体調さえ崩さなければ本当に楽しいイギリス旅行だったと思います。